銀行からお金を借りるときの審査基準について

銀行からお金を借りるためには、まず最初に「審査をクリア」しなければいけません。どれほど切迫した状況でお金を借りることを望んだとしても、銀行から融資を行っても良い人物であるという評価をもらうことが出来なければお金を借りることが出ない為、「どのくらいの状況(属性)ならば銀行からお金を借りることが出来るのか」を把握しておくことが大切です。

さて、銀行の融資基準に関してですが、これは明確な基準として結果を判断することは非常に困難です。というのも、各行ともに基本的な融資基準に関しては公表している部分が少なくありませんが、かと言って「具体的かつ明確な融資基準」を公表している訳ではありません。

例えば、「年齢が20歳以上で収入が安定していること」と言った基本的な条件を公表していることは間違いなく、この条件を満たしている状態の人ならば審査を申し込むことが可能です。しかし、これは「あくまでも申し込み条件」でしかなく、それを満たしていれば融資が受けられるということにはなりません。

本格的な評価を行う項目としては、「年収」「債務」「債務履歴」「勤務先の社会的信用」「将来性」など様々なものが考慮されます。カードローン(無担保・保証人なし)を利用する場合よりも条件が優れていることが多い「銀行ローン(目的ローン)」の場合には、カードローンならば融資を受けられるだけの状態であっても断られてしまう可能性もあることを覚えておきましょう。
http://www.netlabelreview.com