パスポートでお金を借りることができる!

銀行や消費者金融などでお金を借りる際に必要な書類は、本人確認書類と収入証明書類の2つです。最近は50万円以下の融資であれば収入を証明する書類を提出する必要が無い場合がほとんどです。それでも確認書類は必須です。
ほとんどの金融会社でお金を借りる際に提出する本人確認書類として、運転免許証、健康保険証、パスポートが指定されています。これらのうち、運転免許は顔写真と住所が同じ面に印字されているので、最も利用する頻度が高いです。Web申込でのお金借り方も、運転免許証であれば表面だけを撮影してアップすれば良いので手軽です。ただし、中には運転免許を取得していない人もいます。運転免許を取得していない人であれば、健康保険証やパスポートも身分確認書類として利用できます。
パスポートでお金を借りる場合に注意しておく点があります。必ず有効期限内のパスポートを提示します。Web申込みで写真を撮影して画像をアップする場合やFAXで申し込みを行う場合には、顔写真が印字されているページの他に、現住所が記入されているページも送信する必要があります。住所欄は必ず手書きで記入しておき、現在住んでいる場所と一致している必要があります。もしも住所が変更した場合には、パスポートの他に現住所が書かれた公共料金の領収書なども一緒に送る必要があります。
運転免許証は表面の1面だけを送信すれば済みますが、パスポートは最低2ページ分が必要なので注意しましょう。